FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナサケはひとのためになる? 3





3番目のお話です。











「おかえり。あれ? さわこ?
どうしたんだ? 顔、赤いぞ」
ドアを開けた瞬間に目があったお父さんが、心配そうに声をかけてくれた。

「あっ、お父さん。ただいま! 
大丈夫。なんでもないよっ!!!えっと先にお風呂入ってくるね!!」
顔を見られないようにお風呂場に駆け込んだ。

はっ~~~。今日は失態しちゃった…。
風早くんに言われるまで、全然気がつかなかった。
ホント恥ずかしい…
…はしたないって思われたかな。
…だらしがないってあきれたかな。
も、もしかして嫌われた??
 
ああぅ、もうぅ~~~泣きたい!!
しかも、しかもだよ!風早くんがそんなこと
教えてくれたってことは、
風早くんに……しっかりみられたって… ことで…/////

「ぎゃーーーーーーーー!//////」

「さーわーこー?どうしたの?大きな声だして?
ゴキブリでもいたの?」
台所から呼びかけられた。

「お、お母さん、なんでもない。
ちょ、ちょっと、すべっただけ」
焦りのあまり思わず大きな声を出してしまった。
あわててごまかして、焦りながら記憶をなぞる。

えっと、えっと!わ、私、今日ってどんなブラだったっけ?
きゃ、きゃ~~(/////)
あ~~~今日ってこんなへんなブラだったんだ…
もっとかわいいのしとけばよかったかな… 
この前買ったピンクのやつ。
いや、そんな事思うなんて。
私ってば!なんてはしたない!!(/////)

そう、そうだよ。私ってば、考えすぎだよね。
風早くんがそこまで見たかどうかわからないのに。
でも… こうやって鏡の前であらためてみると…。
あ……なんだか……
私の胸って小さいっていうか、ひ、貧弱???!!
か、考えた事なかったけども!
そういえば、とたくんにも巨乳じゃないっていわれた。
もしかして私って、女性としての魅力に欠けているのでは??

ど、どうしよう!!
これって自然に大きくなる?…のかな。
やっぱり男の人は胸の大きい子のほうがいいよね…。
一体どうしたらいいんだろう? 
どうすれば胸が大きくなるんだろう?

はっ!そうだ!図書室に胸を大きくするために役にたつ本があるかもしれない!!!
早速明日行ってみよう!!
明日、必ず図書室にいくことをかたく誓って鏡の前を離れた。


あーあ。昨日はどうしたらいいのか考えすぎて、よく眠れなかった。
重い頭を抱えながら、教室への階段を上る。
すると後ろから聞きなれた声がした。

「おはよ~、さだこちゃん」

「あっ!!師匠!おはようございます」
明るい声で挨拶をしてくれたのは
健人だった。

「あのっ!!師匠にちょっと聞きたいことが…」

「ナニ、ナニ~なんでも聞いていいよ~」
健人は少し上を向いて得意そうな顔をした。

「男の人って、やっぱり胸が大きい女の人が好きなんですか??」

「えっ!ナニ突然!」
健人が急に身をのりだした。

「一般的にはどうなんでしょうか??」

「う~ん。そうだね~。
……まあ、ないよりはあったほうがいいかなあ。」
あごに手をあててちょっと考える様子をしながら、
健人は答えた。

やっぱり。やっぱり世間ではそうなんだ……
ないよりはあったほうがいいか…。
確かにそうだよね。別にジャマになるものじゃないもんね。
それに胸が大きいほうがやっぱり女らしいし。
テレビの女の人とか、みんなウエストは細いけど、胸は大きいもんね。

「まあ、俺はどっちでもいいけどね」
と、いいながら健人はさらに言葉を続けた。
「風早もどっちでもいいと思うよ~~」
だが、爽子の態度が上の空なのに、気が付いて
「…聞いてる??」
と、あいづちを促した。

「えっ///! イヤ……ハイ、そうだと思います、はい。//////」
健人の話は胸はあったほうがいいというあたりから
全く耳に入らなかった。
やっぱり図書室に行かなきゃと、もう一度強く決意する。

やっぱり、私も胸が大きくなりたいな~~。
風早くんに似合いの女の子になりたい…

「さだこちゃん、いいの? 1時間目は体育だよ」
突然健人の言葉で現実が頭によぎった。

「いっけない!着替えにいかなきゃ。師匠、どうもありがとう!!」

急いで階段を上り、教室のドアを開けると、
みんなもう着替えの真っ最中だった。
あわててカバンから体操着を出す。

「あっ!!あやねちゃん、ちずちゃん、おはよ」

「おはよ、爽子」

爽子たちの横で隣のクラスのくるみが着替えていた。
思わずくるみの胸のあたりに視線がとまった。

あ…くるみちゃんが着替えてる…。
くるみちゃんスタイルいいなあ。
なんかモデルみたいでホント、お人形さんだなあ。

「はーー。わたしってやっぱり胸が小さいなあ」

えっ!あたし、今声にだしてなかったよね??
ため息まじりのその声は自分の左側にたっていた
えっこの口から洩れたものだった。

「えっこはさ、胸、確かに大きくないけど、形いいよね」
あやねがなぐさめるようにえっこをフォローする。

あーびっくりした。えっこちゃんの話か。
見ると、えっことあやねがお互いの胸を手ではかるような
仕草をしながら見比べていた。

「あやねちゃんは、胸大きいよね。
私、もうこれ以上大きくならないのかなあ」

「あはは。彼氏にもんでもらうと、大きくなるっていうじゃん」

へ~。そうなのか。彼氏にもんで… って!!
彼に? もんで???

「ちょっと、さわこ、何、人の胸凝視してんのよ?」
自分の胸をじっと見ている爽子に気が付いたあやねが
問いかけた。

「えっー!あ、あ、ごめんなさい。
ど、どうしたらあやねちゃんみたいに大きくなるのかと思って」

「ははーん。あのねー。さわこ、いい事教えてあげるよ。
 王子様にさわってもらうと大きくなるらしいよ」

「えっ!! ホント! 王子様に??」

王子様…って?
王子様って風早くんだよね……?
風早くんにさわってもらう?

「え、え、えっーーーーーーーーーー!!!!」(//////)
周りのクラスメイトが何事かと一斉に爽子を見る。

「ちょ、さわこ、声大きいよ!」

「あ、あ、あ、あやねちゃん…。 それはちょ、ちょ、ちょっと//////」

「そーお? 
さわこが頼めば風早、喜んで手伝ってくれると思うよ。
アハハハ!」

(//////)風早くんに、さわってもらう??
わ、私の胸を?? 
か、風早くんに… 胸を…
ありえないーーーーっ!
ム、ムリ、絶対ムリですう(///) 
ごめんなさい!風早くん!
ちょっとでもそんなこと、考えてごめんなさいっ!
私は不埒ものですぅ---! (//////)

今日は頭からなかなか胸のことが離れない。
ぼうっとしていることが多く、授業もなかなか頭に入らなかった。

「ほらっ。さわこ授業はじまるよ」

やっとお昼の時間になった。
ちづちゃんが
「さわこ、お昼食べにいこ」
と、誘いにきてくれたけども、
気になっていることを解消したかったので
「あっ!!ごめんなさい。私、ちょっと調べ物あって。
図書室行くから先に食べててね」
と、いって先に図書室へいった。

調べものはやっぱり図書室だよね。
えっっとお。人体の事だから体育のコーナーかなあ。

『体のストレッチ』
『体幹をきたえる』
『筋肉の鍛え方』

う~ん。なんだかちょっと違うかなあ…。
あ、でも胸も筋肉なのかな? 
でも筋肉にしてはやわらかすぎるような…

「おう。くろぬまか。オマエ昼休みまで図書室か。
ちゃんとメシくったのか?」
真剣に本を吟味していると突然、後ろから声をかけられた。

「あっ、荒井先生!!こ、これからです」
「ちゃんとメシくわねーと、出るとこもでねーぞ!グハハ!」
「ハッ…!! やっぱり…私、出てないですよね…」

「ん? どうしたんだ」
なんか反応おかしーぞ、コイツ、どうしたんだ?

「先生は体育教師ですよね」
「そ、そーだぞ。 おまえ、今更何いってんだ??」
「人体の事お詳しいですよね?」

「ハア~?何の事いってんだ?」
「先生!!」血相を変えた爽子が詰め寄った。

「お、おぅ…」
なんだ、なんだ、今日コイツ迫力あるぞ!

「私、教えてほしいことがあるんです!」
「な、ナンダ???」

「わ、わ、私の胸! 胸を!大きくしてくださいっ!!!」


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
プロフィール
君に届け大好きな管理人です。仕事の合間に少しづつ、UPしております。 ブログ拍手重視しておりますので、お楽しみ頂ければ、拍手頂けると、日々の励みにさせていただきます。 又、日々の中、努力しながら生み出している作品です。無断転載、複製などは固くお断りいたします。 中傷は困りますがコメント歓迎です。初めての方でも作品の感想などお気軽にどうぞ。

ぽぷら

Author:ぽぷら
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングにもご協力いただけたらうれしいです。お楽しみいただけたら、下のバナーをクリックいただけると、執筆の励みになりますのでよろしくお願いたします。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。