FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風早くんとのデート 動物園編 2




2番目のお話です。











風早と爽子は最初に目についた建物に入った。
そこは、テレビによく出てくる、あざらしの人気スポットらしかった。

あざらしが目の前のガラスでできたの透明な円柱の中で、ゆっくりと水中を舞うように優雅に泳いでいく。
くるりくるりと体を回転させ、時折、こちらを観察するようにじっと目を向けて通り抜けていった。

「かわいいっ!」
ガラス越しにみるあざらしとの距離はわずか数10cm。もっと近くでみたくて、思わずガラスにへばりついた。

「みてみて、風早くん、あざらしの目って、まんまるでとってもかわいいね。
目をあわせたいなー。 こっち見てくれるかなー」
ぴったりとガラスに顔をくっつけて、じっとあざらしをみつめ続けた。

「あっーー! こっち見た!
目が合ったよ、ねえ、風早くん!」
思わず歓声をあげた。
風早は、優しい笑顔でクスッと笑った。

あ……、今のはちょっと私、子供っぽすぎたかな。
……恥ずかしい。
恥ずかしくなって思わず、下を向く。
私の反応に気がついた風早くんが、あわてて弁解をした。

「ゴメンっ! 別にバカにしたわけじゃないよ」
違うというように片手を顔の前でふっている。

「ただ、その………。
ただ、すっげーかわいいなって、思っただけ!」
照れた笑いを隠すように頭をかいている。

えっ? えっーーー!
私のことを、風早くんがかわいいっていってくれた。
かわいいだって……うれしいな……
でも、なんだか急にほっぺたが熱くなってきた。
きっと今すごく顔、赤くなってるよね。
赤い顔、見られるのちょっと恥ずかしいな……。

必死にあざらしをみつめるふりをして、赤い顔をごまかした。
あまりにうれしかったせいか、あざらし館をでてからも、なかなか赤面がおさまらない。

どうしよう。まだ私、きっと顔、赤いよね。
だってまだ顔がぽっぽするもの。

出口を出た時に、ぱっとソフトクリームの看板が目に入った。
そうだ、顔が熱いから冷たいもの食べよう! 
と急に思いたった。

「風早くん、ソフトクリーム食べない?」

風早を誘って一緒にソフトクリームを買った。
風早は、バニラ味で、爽子はチョコ味だ。
売店の前のベンチに座り一緒に食べる。

「このソフトクリーム、おいしい~」
早く、赤面をなおすために冷たいソフトクリームに
夢中になる。
でもちょっと急いで食べすぎたらしい。
風早が笑いながら、

「アハハっ。黒沼~。ついてるよ」

そういって、指で爽子のほっぺたをぬぐった。
と思ったら、その指をおいしそうに風早がペロッとなめた。

「うんっ! チョコも美味しい!」

風早が少し照れながら笑う。
そのしぐさに爽子の胸の鼓動はさらに早くなって、
再びぽっと頬を赤らめた。

どうしよう……。今度は胸までどきどきしてきたみたい。
しかも、さっきよりもすごくドキドキしてる。
風早くんと一緒にいると、大好きって気持ちがどんどん胸にあふれてくるみたい。

「か、風早くん、私、ちょっとお手洗いにいってきます」
自分を落ち着かせるために慌てて、その場から逃げだすように離れた。

トイレの洗面台で手を洗い、両手で自分の頬をピタピタとおさえる。少し、赤いの、とれたかな。

なんだか、今日はどきどきすることが多いな。
長い時間、一緒にいるからかな。
でも、なんだろう? 
私、なんだかいつもより緊張してるみたい。

鏡の前にたち、冷たい手で自分の顔を冷やしていると、
隣でしゃべっている女の子たちの会話が耳に飛び込んできた。
友達同士で遊びにきたのか、早口で楽しそうに話している。

「ねえねえ、さっき、売店の前のベンチに座っている人見た?
なかなかかっこいいと思わない?
友達と来てると思う?
ちょっと声かけてみよっか?」

「あ、あのブルーのシャツの人でしょ。みたみた!
でも一人でいるから、彼女連れかもよ?」

「私、あーいう人、モロタイプなの!
メルアド教えてくれないかな?」

え? ブルーのシャツって……。
もしかして風早くん? 

女の子たちが立ち去った後、そのあとを追うように急いで出て行った。
風早の所に戻ろうとして足が止まる。
風早がさっきの女の子たちに話しかけられていた。







[君に届け 二次小説 風早 爽子] ブログ村キーワード
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
プロフィール
君に届け大好きな管理人です。仕事の合間に少しづつ、UPしております。 ブログ拍手重視しておりますので、お楽しみ頂ければ、拍手頂けると、日々の励みにさせていただきます。 又、日々の中、努力しながら生み出している作品です。無断転載、複製などは固くお断りいたします。 中傷は困りますがコメント歓迎です。初めての方でも作品の感想などお気軽にどうぞ。

ぽぷら

Author:ぽぷら
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングにもご協力いただけたらうれしいです。お楽しみいただけたら、下のバナーをクリックいただけると、執筆の励みになりますのでよろしくお願いたします。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。