FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の果実 8

ハアーーーと風早は深いため息をついた。
何だか俺…。
かなり振り回されてるなあ。
本当に黒沼といると
ドキドキしたり、焦ったりして
どうしていいか分からない。

でも疲れたんだろうな。
俺も……すっげえ…疲れたもん…。

まあ…でも…。寝ちゃって良かったかな。
だってあんなに潤んだ瞳でみつめられて、
あんなに甘い声で甘えられたら、
…俺、ほんと自信ない。
あんな風に、黒沼に甘えられたら、
もう俺、離せなくなる。

相変わらず、風早の体にもたれかかり、
黒沼はスヤスヤと眠っている。
彼女の重みはとても、愛おしい。

こんなかわいい寝顔みれるの、
俺だけの特権だな。 絶対誰にも譲れない。

……でもっ。
やっぱりこのままじゃ、まずい。
こんな風に体を預けられてると。
俺、また……。

そろりそろりと体をずらす。
爽子の体がずるっと床の上にずり落ちた。

ううっ!! どうしよっ。
浴衣が、は、はだけてる~~。!

ずり落ちた拍子か、浴衣のすそが割れて
細い足首から膝の上までが、見えてしまっていた。

もっ、もう、目の毒だよー! (/////////)

黒沼! 頼むから俺の事、そんなに煽らないでくれっ。
今もまだ体が熱いんだからっ!
うっ。でも、でも、目が~目が離せない!!

別の方向を見なきゃと思いつつどうしても
チラチラと浴衣の割れ目に目がいってしまう。

仕方なく、黒沼を起こさないように、
慎重に床の上に寝かせた。
それから、顔を彼女とは別の方向に向け、
黒沼の事を見ないように、見ないようにと
体に、掛け布団をかけた。

ふぅ~。 つっ、疲れた……。
俺、もういっぱいいっぱいだ。

でも、これってこのままで大丈夫かな? 
このまま布団だけで?
イヤ、俺だけ布団で寝て、黒沼は床で寝るってちょっと……な。
もしかしたら風邪ひいちゃうかもしんない。

うーんと、腕組みをしたまま、あぐらをかいて一生懸命考える。

そうだっ!!
俺が目をつぶって黒沼を運べばいいよね!
……イヤ、もし転んで黒沼が目を覚ましたらどうする?
そのほうがもっと厄介な事に……なるよな。
よっし! 薄眼を開けて布団まで運ぼう。
絶対に黒沼を直視しない事だ!
気をつけろっ!

ゆっくりと黒沼を抱き上げる。
体の軽さに驚きながらも、布団の上まで運んでいく。

うっ。やっぱりかわいい…。

俺の腕の中でスヤスヤと眠っている黒沼。
白雪姫のような白い肌。
薄桃色に染まっている頬。
薄眼にするという決意をすっかり忘れ果てた俺は、
しばらく黒沼の寝顔にみとれた。


やっぱり…俺、キスしたい…。
ちょっとだけ、ちょっとだけ、いいかな…。

ダメっ!ダメ!ダメ! 眠っている彼女に手をだすなんて!
最低だぞ、風早翔太!! オマエ男だろ!
そんな事、黒沼が知ったら……きっと俺、幻滅されるよな…。
でも、ほんと、ちょっとだけ…

優しく彼女の頬にチュっとキスをした。
ひんやりとしたすべすべの頬の
感触がたまらない。

うわ~~もお~~~! かわいいっぞ!!黒沼! (/////////)
もっとキスしたいという思いがどんどんこみ上げてくる。

おい、俺! これ以上は絶対ダメだぞ!!しっかりしろよ!
……とはいうものの、自分で自分を抑えきれる自信がもてない。


「俺は、最低の男に、ならない」
「俺は、最低の男に、ならない」

自分を戒めるように、口に出す。
そして呪文のように繰り返し自分に言い聞かせた。
黒沼をゆっくりと布団におろし、慎重に布団をかける。
……今度は胸から目が離せない。
なだらかな山は、黒沼の規則的な寝息とともに
ゆっくりと上下している。

「----っ!」(/////////)

やっべえ……
見ているだけで、体が熱くなってくる。
やっぱり、俺、かなりスケベかも……

「俺は、黒沼の寝込みを、襲わない!」
「俺は、黒沼の寝込みを、襲わない!」

言葉にしっかりと力がこめる。
もう一度自分を戒める。

もお!
自分が信用できないや!
こんなヤツだったなんて。
黒沼は、寝てる!
寝てる!
寝てるんだぞー!

あーーー。もうこのまま起きてるの、ツラい!
俺も早く寝ちゃおう!!

がばっと布団を頭まですっぽりかぶる。
これ以上何も見えないようにして、
真っ暗な世界に自分を閉じ込めた。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
[君に届け 二次小説] ブログ村キーワード

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
プロフィール
君に届け大好きな管理人です。仕事の合間に少しづつ、UPしております。 ブログ拍手重視しておりますので、お楽しみ頂ければ、拍手頂けると、日々の励みにさせていただきます。 又、日々の中、努力しながら生み出している作品です。無断転載、複製などは固くお断りいたします。 中傷は困りますがコメント歓迎です。初めての方でも作品の感想などお気軽にどうぞ。

ぽぷら

Author:ぽぷら
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングにもご協力いただけたらうれしいです。お楽しみいただけたら、下のバナーをクリックいただけると、執筆の励みになりますのでよろしくお願いたします。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。