FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の果実 6



風早からの電話を受けた龍は、
千鶴とあやねに事情を説明した。

なかなか戻ってこない二人を
今から探しに行こうとしていた時だった。

あやねはちぇっと舌うちした。

(風早め…。ごゆっくりとはいったけど、
泊ってこいとはいってないのに。
まあ、ヘタレだし、爽子に手は出せないだろうけどね。
ふふ…明日、爽子にじっくり話をきいてやろう。
これはこれで楽しみだわ…)


一方の風早たちは、案内された部屋に向かった。
爽子の言葉に驚いたものの、
疲れたというその言葉に風早も結局は納得した。
緊張と寒さのせいか、二人ともへとへとに
疲れ切っていたのだ。

だが、部屋に入ってほっとしたのもつかの間、
ドアを開けた瞬間、風早は驚愕した。
決して広くはないが、清潔感のある和室だった。
テープルと座卓がおかれ、その横にはすでに
布団が2組しいてある。
布団はまるで寄り添うかのように
ぴったりとくっつけてあった。

「ーーーっ!!」

うわっ…この布団。たまんね。

驚きと恥ずかしさで何も言葉がでてこない。
ぽかんと口を空けたまま、まぬけ顔になった。
空いた口がふさがらないとは、まさにこの事に違いない。

爽子はというと、とにかく泊れることに安心したのだろう。
あまりいつもと態度が変わらない。
テーブルの上にある宿泊パンフレットを
真剣に眺めている。
お風呂の写真を見ては無邪気に喜んでおり、
風早に対する警戒心はまるで見当たらない。

「なんだか、修旅の続きみたいだね。
あの時はホント楽しかったなあ…」

などと、のん気につぶやき、楽しかった修学旅行に
思いをはせている様子だ。

ちょっと…
これ、俺、ほんっと。ほんっとにマズイわ。
ど-する?俺。
どーしたらいいんだ?
ホントにどうしよう…!。

やっとの思いで部屋に入ったものの、
風早は身動きができない。
顔は赤くなるのを通りこして、
今はもう青くなっている。

黒沼は…なんか全然平気そうだよな…?
のん気にパンフレットなんかみてるし。
こんなに焦ってるの、俺だけ、なのか??

黒沼っ~!
ちょっと俺の事信用しすぎじゃないか???
俺、そんなに…信用できるヤツじゃない…。
それに!男として、そーいうのってどーなんだよ?
あーーーーくそ!
でも、でも、そんな事より今夜どーうすんだよ。俺!

この場から逃げだしたいと本気で考えながら、
ぐしゃぐしゃと頭をかきむしった。


「風早くん!
ちょっとお風呂いってきていい?
ここのお風呂すご~く良さそうだよ!」

「…ああ。うん…」

風早の力無い声も爽子はあまり気にならないようだ。
てきぱきと身支度をすませ、部屋から出て行ってしまった。


「はあっーー!つ、疲れたー…」

風早はばたんと前のめりになって布団に倒れこんだ。

あーあ。なんでこんな事になっちゃったんだ?
どうして今、ここに二人でいるのか、
俺、全然理解できねーよ…。

それとも俺、色々考えすぎか?
黒沼は全然何も考えてなそう…だよな。
でも!でもだよ。
普通考えるだろっ!
男と二人っきりで部屋にいるんだぜ!
それも彼女と彼氏なんだよ!

黒沼!俺たち付き合ってるの、忘れてないか?
俺がベタぼれなの…忘れてんじゃないか?
天井をみながら深いため息をついた。

それでなくても…。
俺、すごく、おさえてるのに!
すごーく、すごーく、我慢してるのに!
俺だって男なんだぞっ!!

そうだよ。ホントは、ホントは。
もっと…もっと色んな事…したいんだ…。

だーーーあ!! ダーメーだ!!

ゴロゴロと布団の上を転がりながら自分の頭をぽかぽかと殴った。

彼女に大事にするって約束しただろ!
ずっと大事にしていくって。決めたじゃないか!

はっ~~。
いつからこんな風に好きで好きで
たまらなくなってたんだろう。
好きすぎて、ホント好きすぎて、
理性がきかない。
俺のいやな欲望だけが
どんどん増殖していく…。

ホント、焦ったり、緊張したりばっかだよな。
どうしてもうちょっと、気持ちに余裕を持てないんだろう。
俺、黒沼の前だとホントに、どうしたらいいのかわからない。

がばっと、枕に突っ伏した。

はあ~~~あ。
何だか色々考えてたら
俺、脳みそ痛くなってきた。

そうだよ。
色々考えたって仕方ないよな。
だって多分、彼女は俺の事、
微塵も疑っていない…。
全然危機感もってない…。

でも…それもちょっと男としてむなしいよな…

あっーーーーー!
俺も風呂入って,
頭を切り換えてこよう!!

途方にくれながら部屋を出て行った。





爽子が、修旅の話をするのって時系列がおかしいですね。公開してから気がつきました。スミマセン(汗)



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
[君に届け 二次小説 風早 爽子] ブログ村キーワード
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
プロフィール
君に届け大好きな管理人です。仕事の合間に少しづつ、UPしております。 ブログ拍手重視しておりますので、お楽しみ頂ければ、拍手頂けると、日々の励みにさせていただきます。 又、日々の中、努力しながら生み出している作品です。無断転載、複製などは固くお断りいたします。 中傷は困りますがコメント歓迎です。初めての方でも作品の感想などお気軽にどうぞ。

ぽぷら

Author:ぽぷら
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングにもご協力いただけたらうれしいです。お楽しみいただけたら、下のバナーをクリックいただけると、執筆の励みになりますのでよろしくお願いたします。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。