FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘い記憶/トラワレビト/笑顔の行方 あとがき

こちらは、小説のあとがきです。
お話は、一切ありません。

こんな素人の書くお話ですが、ご興味お持ちの方もいらっしゃるようなので、
あとがき、書いてみました。

お話を作るにいたった経緯や、今の思いをとりとめなくつづっているだけなので、
ご興味のある方のみ、ご覧くださいませ。






この記事をご覧いただいている方は、きっと短編を、読んでいただいた方だと思います。
まずは、相変わらずの稚拙なお話にお付き合い頂き、ありがとうございました。

私のような素人が、あとがきなんて、おこがましい気もするんですが、
どんな気持ちで書いたのかということを、残しておきたいと思ったのと、
あと、わずかでしょうが、ご興味お持ちの方もいらっしゃるようなので、
あとがき、書かせて頂いています。

あ、短編は、まだまだ今後も思いつけば、続けていきますが、とりあえず3話分です。

今回は、全てテイストの違う短編に仕上げました。
ベタ甘系、切なさ系、ラブコメ系と。
色々なお話書いてみたいなあと思っていたのと、読んでる方も色々なパターンの方が楽しいんじゃないかなあと思いまして。
やっぱり予想通り、甘い記憶が、一番人気な感じですね。

短編書くときは、いつも思いつきで書いています。
長編と比べて、あんまりポリシーもないのですが、短編はそんなに本数もこなしてなかったせいか、書いてみて、なんだか、難しいぞ!っとあらためて、今回感じてしまいました。

たとえば、長編の場合は、こんなセリフを入れ忘れた―!とか、ここでこのシーンをいれないと、あとでつじつま合わないぞ!とかっていうを、後からのお話でいくらでも調整できますが、短編はそれができないんですよね~。
おかしいって気づいても、そのまま突っ走らないといけない。

それに、短編は、短いお話の中に、君とどの世界をぎゅっと、濃縮させて入れなきゃと思うんですよ。
短い文章で、君とどの世界を作りあげたいって思う訳ですね。
(できるかどうかは、別ですよ!!願望です、願望!)

なので、なかなかUP出来ない時もあって、思ってたよりも時間かかってしまいました。

ただ、努力したかいあってか、たくさん拍手も頂けて、良かったなあと思ってます。
作品にたくさん拍手頂けると、本当に頑張ってよかったなあと思うんですよね。
なんせ、孤独な作業ですんで、終わった作品への反応がないとホンッと、つらい。
もちろん、面白くない作品には、拍手頂けなくて当然ですが、面白いって思って頂いたら、スルーじゃなくって、ご褒美的に拍手頂ければなあ、なんて、思ってしまいます。
……こんなこと、考えるのって図々しいですかね?
ああ、こんな話が人気だから、次もこんな感じにしようかなあとも、思ったりします。


さてさて、具体的なお話。


甘い記憶

これは甘口でドキドキするお話を書きたかったんですね。

あんなにウブな二人がキスの後で学校で会ったらどんなかなあ~っていう妄想が始まりです。
まあ、風早は男なんで、表面上は冷静に装っているでしょう。
でも内心は爽子の事で頭がいっぱいのハズですよ!!

だって高校生の男なんてそんなもんでしょう!
でなけりゃ日本はますます少子化になってしまいますわ。
(注)これはあくまで私個人の考えです。マジメな高校生さん、ゴメンナサイ。

カーテンのシーンは、子どもがかくれんぼ~とかいって、カーテンに巻きついて遊んでいるのを見て、思いつきました。ちょっとこれ、密室みたい!?とか思っちゃって。
妄想中にどきどきしてしまいましたが、読んでくれる人に少しでも、このどきどきが伝わればいいなあと、思いながら書きました。拍手をたくさん頂けたので、伝わったのかな?と、能天気に解釈しております。



トラワレビト

他記事でも書きましたが、切ないまま終わらせる予定を変更して、ハッピーエンドまで仕上げました。
ただね、告白のところはわざとすっ飛ばしました。
最初から、告白シーンは、書くつもりなかったです。
だってですよ? 原作のあのシーンは神がかり的なシーンなんですよ!! 私にとって。
あの告白シーン以上のものはあり得なくって、下手なシーン書いても、あの最高の告白シーンを冒涜するような気になってしまい……。
別シーンを妄想できないので、意図的にはずしました。
将来書くこともあるかもしれませんが、ごめんなさいっ! 今は書けませんでした。
読んで頂く方の想像におまかせという感じは、ちょっと無責任な感じもするのですが、
お許し頂ければと、思います。
ラストシーンは、二人の初々しさを想像して、ああいうできになりました。ウブサがたまらんという萌えですね。

ちなみに、サザンの「逢いたくなった時に君はここにいない」という歌がありますが、「昨日までの喜びが~」という出だし部分から、冒頭部分を思いつき、とにかく切ない話を書こうと思いました。
でも、書いていて段々と、自分が暗くなってきて、かなり気持ちが落ちたんです。
あそこまで、気持ちが重くなるとは思わなかったんですよ。
んでもって、ラストで挽回したくってああいう形になりました(笑)



笑顔の行方

車で歌を聴いている時に、お話を思いつくことが、結構多いんですが。
ちょっと古いですが、B'zの「ヒミツなふたり」を聞いていて、こんなのいいなあ~と思ったのが、
はじまりです。
内容が内容なので、ちょっとコメディ的に、軽いお話を作りたいなあと思って書きました。
でも、これね、意外に難しかったんですよ。特に後編が。多分3つのお話の中では一番むずかったですね。
何がかというと、二人の動きがなくって、会話のやり取りだけでって、難しかったっす。
読んでて、ん?とぎこちなさを文章に感じた方もいらっしゃったのでは?
どっかの小説のあとがきに、小説で人を笑わすのは、泣かすよりも難しいなんて、どっかの教授が書いていて、私は素人のくせに、楽しいと思ってもらえる小説書こうなんて、なーんて難しいことにチャレンジしてしまったんだろう!!と、ちょっと後悔してしまいました。
独りよがりにすべったお話になったらイヤだなあ、なーんて思っちゃいました。
あと、この二人にとって、互いの笑顔っていうのは、互いの宝物ですよね。
風は爽子の笑顔にほぼ一目ぼれに近い感じだし、爽子は、風の笑顔にしょっちゅう気持ちをほぐされて。
特に風は爽子の笑顔を誰にも見せたくないのに、みんなと笑顔で話したいっていわれたらどうすっかな?と、思って二人のやりとりを書きたいと思ったのがはじまりです。
ちょっと、バカップルっぽくなりましたが……



ちなみに、私はどっちかというと、王子様タイプよりも、やんちゃ系な男子のほうが好きです。
なので、私の書く風早は、ちょっと強引なとこが多いかもしれません。
花より男子なら類より司、天は赤い河のほとりなら、カイルよりラムセス、
王家の紋章ならメンフィスよりイズミル王子(古いよ……)って、とこでしょうか?


しかし、R18で検索して来られる方も多いので、R18記事を楽しみな方、たくさんいらっしゃると思うのですが。
別マなので、原作ではおそらく見られないシーンを二次に期待している方も多いと思います。
ところで、今、我が家のPCはデスクトップなんですが、いやその壁紙がね。
背中を向けて微笑みあっている風爽なんですよ~。薄い桃色の背景に花なんか散っちゃって!
嬉しそうににっこり笑い合う制服姿の二人!! たまらんのです。これが。

純粋そうで、うぶそうなこの壁紙を見ていると、
よからぬことを考えている自分が汚れた大人に見えますわ。
最近は14巻の修学旅行のキスシーン見ても、早くやってしまえ~!
なんて、思っちゃたり……ゴメンナサイ、スミマセン。

この壁紙を変えないと、R18は書けそうありません。
なんだか、二人に申し訳ないとか、バカ正直に思ってしまいます。
んな感じで、いずれは書く予定ですが、もう少し先になりそうです。お許しを。



あ、ちなみに、稚拙な文章でお分かりの通り、私はもちろん、このブログを開設するまで、
小説のしの字も書いたことはありません。本当に、ど・ど・ど素人です。

それなのに、多くの方にご訪問頂き、ホントに幸せもんだと思っております。

新作は、長編?または中編?くらいの長さの予定です。

どうぞ今後ともよろしくお願いたします。
ここまで、下らないお話、一応あとがきの予定だったのですが、
大分脱線してしまいました。
お付き合い、どうもありがとうございましたm(_ _)m



ぽぷら






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
プロフィール
君に届け大好きな管理人です。仕事の合間に少しづつ、UPしております。 ブログ拍手重視しておりますので、お楽しみ頂ければ、拍手頂けると、日々の励みにさせていただきます。 又、日々の中、努力しながら生み出している作品です。無断転載、複製などは固くお断りいたします。 中傷は困りますがコメント歓迎です。初めての方でも作品の感想などお気軽にどうぞ。

ぽぷら

Author:ぽぷら
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングにもご協力いただけたらうれしいです。お楽しみいただけたら、下のバナーをクリックいただけると、執筆の励みになりますのでよろしくお願いたします。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。